早起きは三問の徳 2020.09.03 ジョウロの先端(注ぎ口)部分の名前は?

皆様、おはようございます。

本日の『早起きは三問の徳』は、答えがすべて【は】から始まる問題です。

▼ 問題はこちら! ▼

▼ 問題の答え&解説はこちら ▼

問題の答え
  1. 函館(はこだて)
  2. 背水の陣(を敷く)
  3. ハス(ぐち)

函館の夜景は日本三大夜景のひとつ

函館の夜景は日本三大夜景のひとつで、函館山から望むことができます。

函館の夜景

ちなみに、この函館の夜景の「くびれ」の部分、北海道のどの部分だと思いますか?

正解は、↓の地図の青で囲った部分……ではありません!

【図】函館の夜景は、この部分ではない。

正しくは、矢印の先にある赤で囲った部分! 拡大画像でお送りします。

函館の夜景は、地図でいうとこの部分!

改めて北海道の大きさが分かりますね……!

「背水の陣」とは、退路を断つという意味の故事成語

burn one’s boatsとは「退路を断つ」という意味の慣用句で、日本語では「背水の陣」にあたります。

「背水の陣」は、漢の韓信(かんしん)という武将がわざと川を背に陣立てし、自軍に必死の覚悟をさせて、優勢だった(ちょう)の軍を破った故事から生まれた故事成語です。

ジョウロの先端(注ぎ口)部分の名前は「ハス(ぐち)

ジョウロの注ぎ口の部分の名前は、ハス(ぐち)といいます。形が蓮の花托(かたく)(花が育つ部分)に似ていることが由来です。

(蓮の花托は鳥肌注意なので検索する際はご注意ください!)

ハス口のついたジョウロは、水流を弱めて広く均等に水を撒くことができるため、植物や土に優しいのです。


今日の『早起きは三問の徳』は以上です。

それでは今日も一日頑張っていきましょう!