【漢検準1級への道】#10 八卦・十干・十二支 まとめ

この企画は、私(イクナガ)が漢検準1級の合格を目指すお勉強企画です。
バックナンバーはこちらから読むことができます。

どうも、イクナガです。

新年度が始まり、本企画の記事もついに10回目の大台に突入しました!

今回は漢字のまとめシリーズ第2弾八卦(はっけ)十干(じっかん)十二支(じゅうにし)」編です。

漢検準1級では、八卦や十干・十二支などの読み書きを問う問題がたまに出題されます。

出題されても1~2問なので捨てても良いかもしれませんが、覚えていれば解けるものなのでシッカリ得点できるようにしたいですね。

八卦

八卦(はっけ)とは、中国の周の時代に生まれた占い「易」の基本となる図形のことです。

陰(- -)と陽(-)を示す算木を3個組み合わせて8つの種類の形が作られます。

八卦にはそれぞれ意味(自然や身体の部位、動物など)が割り当てられていていますが、今回は卦名(漢字)とその読み+漢検の出題級のみ掲載します。

卦名図像音読み訓読み出題級
ケンいぬい4級
1級
4級
シン4級
ソンたつみ準1級
カン1級
ゴンうしとら準1級
コンひつじさる準1級

十干・十二支(干支)

十干(じっかん)十二支(じゅうにし)とは、十干と十二支を組み合わせた60を周期とする数詞のことで、現在ではおもに年を数えるときに使われます。

年賀状を書く時などに意識する干支(えと)は、十十二のこと。

60歳のことを還暦(かんれき)と言うのも、この十干十二支に由来しています。

十干

十干は、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10種類あります。

前半部分は、契約書などでよく見かけますね。

漢字音読み訓読み意味出題級
コウきのえ木の兄3級
オツきのと木の弟3級
ヘイひのえ火の兄準2級
テイひのと火の弟8級
つちのえ土の兄準1級
つちのと土の弟5級
コウかのえ金の兄準1級
シンかのと金の弟3級
ジンみずのえ水の兄準1級
みずのと水の弟1級

十二支

十二支は子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12種類あります。

それぞれが表している「動物」は国によって異なりますが、今回は日本の動物を記載しています。

漢字音読み訓読み動物出題級
10級
チュウうし牛(うし)準1級
インとら虎(とら)準1級
ボウ兎(うさぎ)準1級
シンたつ竜(たつ)準1級
蛇(へび)準1級
うま馬(うま)9級
ひつじ羊(ひつじ)7級
シンさる猿(さる)8級
ユウとり鶏(とり)準1級
ジュツいぬ犬(いぬ)1級
ガイ猪(いのしし)準1級
甲子園球場の由来
甲子園球場は、1924年の甲子の年に完成したことから名付けられました。十干・十二支ともに最初の文字で、大変めでたい年とされていたようです。

今回は漢検準1級でたまに出題される八卦・十干十二支の漢字をまとめてみました。

10週連続で掲載してきた「漢検準1級への道」ですが、勉強に専念したい+ちょっとネタ切れ気味なので、これからは不定期掲載になります。

ちなみに来週は「イクナガ ツールズ」のメンテナンス作業のため、早速お休みさせていただきます。

それではまた!

受検まであと70日――