【漢検準1級への道】#3 漢検準1級の問題形式をおさらい!

この企画は、私(イクナガ)が漢検準1級の合格を目指すお勉強企画です。
バックナンバーはこちらから読むことができます。

どうも、イクナガです。

前回、「まずは今の実力を確認!」と過去問を意気揚々と解き始めましたが、結果は200点中40点(合格点の4分の1)という惨たらしい結果でした。

200点中40点の答案用紙

今回は、漢検準1級の問題形式を確認しつつ、どのようなミスをしたか振り返っていきます。

漢検準1級の問題形式

漢検準1級は全部で10の大問で構成されています。(2019年第3回試験現在)

大問内容問題数配点
1読み(音読み)
読み(訓読み)
20問 (@1)
10問 (@1)
30点
2表外の読み10問 (@1)10点
3熟語と一字訓10問 (@1)10点
4共通の漢字5問 (@2)10点
5書き取り20問 (@2)40点
6誤字訂正5問 (@2)10点
7四字熟語(書き)
四字熟語(意味)
10問 (@2)
5問 (@2)
30点
8対義語
類義語
5問 (@2)
5問 (@2)
20点
9故事・成語・諺10問 (@2)20点
10文章題(書き)
文章題(読み)
5問 (@2)
10問 (@1)
20点
合計200点
合格点160点

大問1:読み

→ 30点中11点

大問1は、15文字程度の短文中の傍線部の漢字の読みを答える問題です。

こちらは30問中11問正解でした。

でも自信を持って解答できたのはこの半分くらい…。

準1級では、前半20問が音読み・後半10問が訓読みで答える問題ですが、24問目「空濠」を読む問題では、「防空壕(ぼうくうごう)」から着想して「くうごう」と音読みで答えてしまいました。

https://note.ikunaga.net/wp/wp-content/uploads/2020/04/ikunaga-face-normal.png

ちなみに正解は「からほり」

よーーく見ると、防空壕の壕と空濠の濠は字が違います。

「空濠」と「防空壕」の拡大画像

また、大問1は「膝行(しっこう)」「弄瓦(ろうが)」など、漢字単体は見たことあるけど熟語は馴染みがないな…という問題が多かったです。

大問2:表外の読み

→ 10点中6点

大問2は大問1と同じく読みの問題ですが、こちらは常用漢字表に載っていない読み方で答える大問です。

例えば「春の陽気にわれる」という問題の場合、「さそ(われる)」ではなく「いざな(われる)」と答えます。

こちらは前後の文脈からなんとなく正解できました。

大問3:熟語と一字訓

→ 10点中2点

大問3は、「親疏 ―― 疏い」のように熟語とその語義にふさわしい訓読みを答える問題です。

先程までとは違い、前後の文章はありません。困った!

「鍛冶」を「かじ」と答えたのですが、一字訓が「冶る(いる)」だったためか、不正解でした。

大問4:共通の漢字

→ 10点中2点

大問4は、2つの短文の空欄にそれぞれ共通する常用漢字を答える問題です。

答えとなる漢字の読みの語群が用意されていますが、設問が5問に対し語群は8つ。

つまり3つはフェイクです。いやらしいですね~!

こういう共通して入る漢字を問う問題はクイズにもよく出されますが、さすが漢検準1級ともなると全然レベルが違いました。

大問5:書き取り

→ 40点中8点

大問5は、短文中のカタカナ傍線部を漢字で記す問題です。

この大問では惜しい誤答がたくさんありました。例えば…

不正解と正解の漢字

「林檎」「蔑む」なども、字形の近いものは思い浮かびましたが、不正解は不正解。

いかにいい加減に漢字と向き合っているかが露呈してしまいましたね……。

体感的には、大問1よりはずっと馴染みのある熟語が出題されました。

大問6:誤字訂正

→ 10点中0点

大問6は、30文字程度のやや長文から漢字の間違いを探し、正しい漢字に直す問題です。

ここまでほとんど漢字を読めなかった&書けなかった奴が得点できるわけがなく、こちらは0点でした。

どの漢字も怪しく(あるいは正しく)見えてしまうんですよね~……

大問7:四字熟語

→ 30点中2点

大問7は、四字熟語を問う問題です。

前半10問は四字熟語の空欄に入る漢字を、読みの選択肢から選んで答える問題(10問)。

後半5問は設問の意味に合う四字熟語を選択肢から選んで傍線部をひらがなで読む問題(5問)です。

こちらは「猪突猛進(ちょとつもうしん)」だけ分かりましたが、ほかは初めて見るものばかり。

四字熟語は漢検2級を受検したときもかなり苦戦しましたが、今回はさらなる苦戦を強いられそうです。

準1級ともなると変換で出てこないこともよくあるので、辞書を買おうか迷い中です。

大問8:対義語・類義語

→ 20点中2点

大問8は、設問の熟語の対義語・類義語の読みを選択肢から選び、漢字で答える問題です。

こちらは選択肢からの答えをまったく想像できず、ほとんど空欄になってしまいました。

大問9:故事・成語・諺

→ 20点中2点

大問9は、故事・成語・(ことわざ)のカタカナ部分を漢字で答える問題です。

こちらも漢字を想像できないものばかりで、ほとんど空欄でした。

唯一の正解が「カニは甲羅に似せて穴を掘る」の「蟹」。

四字熟語同様、知っていないと答えられない問題のようです。

大問10:文章題

→ 20点中5点

最後の大問10は、明治~昭和初期の文学作品や論説文の文中の傍線部のカタカナを漢字に直したり、漢字の読み方を答える形式です。

https://note.ikunaga.net/wp/wp-content/uploads/2020/04/ikunaga-face-smile.png

入試でよくある形式だね!

毎回、夏目漱石や幸田露伴(こうだろはん)、福沢諭吉といった錚々たる文豪の作品が出典されています。

ここの大問は準1級レベルの漢字の読み・書き(大問1・5)と出題範囲が被っているように思えました。


ということで今回は、漢検準1級の問題形式を確認しながら、間違えた問題を復習してみました。

間違えたor思い出せなかったというよりは、答えの漢字を思い浮かべることすらできないものが多く、「大丈夫なのかこの企画?!」と思い始めています。

あと、1つ気付いたことがあります。

漢検準1級は問題が全部で130問あるのですが、制限時間が60分しかありません。

つまり、1問あたりに掛けられる時間は30秒もないということ。

見直す時間も考えると、スピーディーさもそれなりに求められます。

https://note.ikunaga.net/wp/wp-content/uploads/2020/04/ikunaga-face-sad.png

本当に大丈夫かな…

さて次回は、勉強に向けた具体的な作戦を練っていきますよ! お楽しみに!

それではまた。

受検まであと119日――