【漢検準1級への道】#6 辞典サイトを活用しよう

この企画は、私(イクナガ)が漢検準1級の合格を目指すお勉強企画です。
バックナンバーはこちらから読むことができます。

どうも、イクナガです。

以前「準1級レベルの熟語は変換できないことがあるから辞書を買おうか迷っている」という話をしましたが……

紙の辞書よりももっと便利そうなサイトを見つけたので紹介したいと思います。

今回紹介するのは、漢字辞典オンライン四字熟語オンライン です。

参考 漢字辞典オンライン 参考 四字熟語辞典オンライン

漢字辞典オンライン

漢字辞典オンラインは、音訓(読み)検索・画数検索・部首検索、さらに漢検の出題級から検索・漢字の構成から検索から漢字を調べることができます。

https://note.ikunaga.net/wp/wp-content/uploads/2020/04/ikunaga-face-normal.png

検索欄に漢字を入力してダイレクトに検索することもできるよ!

漢字の構成(パーツ)から検索できるのが超便利!

このサイトの便利な点は漢字のパーツから検索できる点です。

例えば、「弼」という漢字を調べたい時…

読み方がわからない・部首がわからない・画数から探すのは面倒…

このような場合、「弓百弓」と検索すれば一発でヒットします

漢字のパーツから検索できる!

使われているパーツをすべて入力する必要はなく、一部だけでも検索できます

例えば「糸白」と検索すると、「線」「綿」「縮」などがヒットします。

大きい字で確認できる&許容字体も記載!

漢検では、正しい漢字が書けないと不正解になります。

そのため「横画は2本か? 3本か?」「突き出るか? 突き出ないか?」「はらうのか? 止めるのか? ハネるのか?」などの確認が必要不可欠です。

このサイトでは、漢字をとても大きな字で確認することができます

https://note.ikunaga.net/wp/wp-content/uploads/2020/04/ikunaga-face-smile.png

とめ・はね・はらいが正しい「教科書体」でも確認できるよ!

また、漢検の解答に使っても正解とされる「許容字体」も確認できます。

例えば「鵠」の字を調べると、吿の部分が告になった許容字体も記載されています。

四字熟語辞典オンライン

四字熟語辞典オンラインは、読み方の検索・使われている漢字の検索の他に、漢検の出題級からの検索・使う場面/用途/意味からも調べることができます。

とにかく網羅率が高く、執筆段階で6000以上の四字熟語が収録されています。

またこのサイトの便利な点は、意味が載っているページからその漢字が使われている他の四字熟語や、その漢字の詳細を調べることができる点です。

漢字の詳細については姉妹サイト「漢字辞典オンライン」が使われています。

使う場面・用途・意味からも調べられるので、ちょっとインテリぶりたいときにも使えそうですね(笑)

https://note.ikunaga.net/wp/wp-content/uploads/2019/03/kanken-jun1kyu-6-doya.png
ドヤ顔の上司

みんなで土扶成牆(どふせいしょう)の思いで頑張りましょう!

https://note.ikunaga.net/wp/wp-content/uploads/2019/03/kanken-jun1kyu-6-aozame.png
青ざめの部下

(えっ、ド不正しよう…? こいつヤバ!!)


ということで、今回は「漢字辞典オンライン」「四字熟語辞典オンライン」を紹介いたしました。

参考 漢字辞典オンライン 参考 四字熟語辞典オンライン

企画が始動してから1ヶ月経ち、すっかり漢検の勉強が生活の一部になってきました。

受検日まで残り98日! いよいよ100日を切りました!

一日一日を悔いなく、大切に過ごしていきたいですね。

それではまた。

受検まであと98日――