ガチャ確率計算機の作者が教える! ~これが、ガチャの落とし穴だ!!~

本記事では、ソシャゲのガチャでありがちな「落とし穴」を、ガチャ確率計算機の作者である私が分かりやすく解説しています。

ガチャ確率計算機について

ガチャ確率計算機は、その名の通りガチャの確率を計算できる計算機ツールです。

  • 目当てのものが入手できる確率
  • 入手に必要な試行回数・金額
  • 実際の出現率のばらつき

などが分かります。無料でスグ使える(インストール不要)ので、お気軽にご利用ください。

参考 ガチャ確率計算機イクナガツールズ

排出率1%のガチャを100回引けば絶対1回出る?!

まずは、ガチャでよくある計算の勘違い「排出率1%なら、100回引けば絶対1回出るでしょ!」から解説していきます。

たしかに1%×100と計算すれば100%、つまり「確実に1回出る」と思いがちですが、この計算では「確実に」出ることは保証できません。

たとえば、コインを10回投げたときのことを考えてみましょう。

表と裏が出る確率はどちらも2分の1(50%)ですから、表と裏 どちらも5回ずつ出るはず……

計算上は表も裏も5枚ずつ出るはずだが、ばらつきがある。

ですが実際は表が7回も出たり、逆に2回しか出ないこともあります。

ガチャも同じで、偏りがあります。

「1%×100回=1回」「2分の1×10回=5回」のような計算を期待値(きたいち)といいます。

期待値は、「大体どれぐらい出るか」は分かりますが、これはあくまで平均的なもので「確実に出るか」までは分かりません。

ガチャでお目当てのキャラクターやアイテムが出るかどうかの確率を求めたいときは、ハズレ(当たり以外)の確率の方に着目します。

排出率1%のガチャなら、99%の方ですね。

それではここで問題です。

排出率1%のガチャを2回引いて、どちらもハズレる確率は?

答えは、100%-(1%×2)=98%

……ではありません。

ガチャを2回引いた場合、あり得るのは「どちらもハズレ」「1回目だけ当たり」「2回目だけ当たり」「どちらも当たり」の4通りです。

2回ガチャを引いたときの確率の関係図

どちらもハズレるということは99%(ハズレ)を2回繰り返していることになるので、99%×99%=98.01%が正解です。

残りの3パターンは「1回以上出ている」ことになります。

さて、ここからが本題です。

排出率1%のガチャを100回引いて、すべてハズレる確率は?

勘の良い方はもうお分かりでしょう。そうです!

99%(ハズレ)を100回繰り返した、と考え99%を100回掛けます!

累乗を使って表すと、99%100(=0.99^100)ですね。

さっそく計算してみましょう。

0.99の100乗の計算結果の画像

99%10036.603%

そうなんです! じつに約36.6%の確率で1回も当たりが出ないんです!

残りの約63.4%は1回以上出ています。つまり3回も4回も出ている人も含まれています。

そんな幸運な人がいる一方で、3人に1人以上は1回も出ていないという不公平さ、理不尽さ……。

排出率1%のガチャを100回引いたときの、1回も出ない人・1回以上出る人のグラフ

しかし、恐ろしいのはここからです。

「当たりが1回も出ない」確率は何回目でゼロになる?

このガチャを200回、300回引いていったとき「1回も出ない」確率はどこまで減るのでしょうか?

下記の表にまとめてみました。

回数1回も出ない確率
100回約36.603%
(約3人に1人レベル)
200回約13.398%
(約7人に1人レベル)
300回約4.904%
(約20人に1人レベル)
400回約1.795%
(約56人に1人レベル)
500回約0.657%
(約152人に1人レベル)

なんと、500回引いても約0.657%の人(152人に1人くらい)は1回も当たりが出ていません

もちろんもっと回数を重ねれば1回も出ない確率はゼロに限りなく近づきますが、ゼロにはなりません。

たとえ5000回引いたとしても、約0.000000000000000000015%という極めて低い確率(66垓人≒地球9000億個分の総人口に1人レベル)で出ないことがあります。

排出率が100%でもない限り「◯回引けば絶対出る!」という保証はできません!

やめたいのに、やめられない「ガチャの魔力」

続いては、やめたいのにやめられない「ガチャの魔力」についてお話します。

もしガチャを何回引いても出なかった場合、あなたならどうしますか?

  • 「次こそ出るかも!」と引き続ける
  • 「もういいや」と諦める

引き続ける方に質問です。

たしかにあと1回引けばポロッと出るかもしれませんね。しかし、何度回しても出ないこともありますよね…?

それでも後悔しませんか?

諦める方に質問です。

なるほど、諦めも肝心ですよね! でも、あなたがガチャに費やしたお金、もったいなくないですか? このままだと全部ドブにすてるようなものです。

取り返さなくていいんですか?

 

……意地悪な質問をしてごめんなさい(笑)

実はこれ、名前のついている心理現象なんです。

その名も「コンコルド効果」

コンコルド効果とは?

コンコルド効果とは、このまま続けたら損失が拡大することは明白なのに「ここで止めてしまったら今まで投資したお金や時間、労力がすべて無駄になってしまう…」と、やめるにやめられない状態に陥ってしまう現象のことです。

超音速旅客機コンコルドの商業的失敗がその名の由来です。

コンコルドは採算割れが確実と判っていながらも開発費の元を取ろうと投資を続けた結果、債務が膨れ上がってしまい最終的に倒産しました。

この心理現象は、ソシャゲのガチャやパチンコなどのギャンブルに限らず、日常生活の至るところに潜んでいます。

コンコルド効果の一例

お店の行列待ち

「全然列が進まない。他の店に行こうかな」と思っていても、並んでいるうちに「もう30分も並んだし…」と列を離れづらくなりませんか?

期待はずれの映画

見ようと思った映画が期待はずれだったときでも「せっかくお金を払ったんだし…」と結局最後まで見てしまいませんか?

雑誌・カードなどのコレクション

ちょっと飽きちゃっていても「せっかく集めたんだし、もったいない…」と惰性で集めてしまいませんか?

後にも先にも引けなくなったらどうすればいい?

では、「後にも先にも引けない」状態に陥ってしまったら、どうすればいいでしょうか?

私は、いさぎよくやめる(諦める)ことが正解だと思っています。

仮に5万円を使って目当てのものが出なくても、そこで止めておけば損失は5万円だけで済みます。

そのまま続ければ、損失は増えることはあっても減ることはありません。

そして損失が増えれば、もっとドツボにはまります。

「今度こそ出るかもしれない」「5万円も費やしたんだから」と息巻いているうちは、この悪魔のような呪縛(じゅばく)から逃れることはできません。

残念なことに、ガチャはあなたがこれまでいくら払ったかどうかなんて知りません。

たくさんガチャを引けば「次こそ出るかも」と思ってしまいがちですが、それも気のせいです。

排出確率自体は 一番最初に引いたときと同じですからね。

この先「もっと」後悔するくらいなら、引き返せるうちに「ちょっと」後悔しておきましょう。

余談:Twitterなどのガチャ報告には気をつけろ!!

TwitterではFGO、デレステ、グラブルなどのガチャの結果をスクショで報告する人をよく見かけます。

それらを人柱にガチャを回すか考える人も多いと思いますが、注意したいのは結果が良かったときだけ報告する人が多いという点です。

引き当てた人の喜びのツイートをたくさん見ると「自分にも出せそう!」と錯覚してしまいがちですが、実際はそうでもないのです。

あれは言わば、幾多の屍の上に成り立っているシロモノです。

ガチャで出るのは氷山の一角

余談2:勝手に質問回答コーナー

ここからは、聞かれてもいない質問に答えていきます。

「ガチャ確率計算機」を作ろうと思ったきっかけは?

ピグライフという農園ゲームで「収穫時にまれにドロップするレア素材をクエストに必要な数だけ集めるには、何回収穫する必要があるのか?」というのを知りたかったためです。

当時、1回以上出現する(もしくは1回も出ない)確率を調べるツールはありましたが、「X回回してX個出る確率はどれくらい?」「X個集めるには何回回せばいいのか?」ということは分からなかったので、二項分布という計算方法を使って制作しました。

もともと自分だけ使う予定でしたが、意外と出来が良く、ちょうどソシャゲのガチャが社会問題化していたのもあり「ガチャ確率計算機」という名前でリリースしました。

作者は「爆死」したことあるの?

あります。

私はソシャゲは基本無課金ですが、当時大好きだったキャラクターの最上位レアリティが登場した時に2万円使っても来てくれず、諦めたことがあります。

「2万程度では爆死とは言わない!」と思う方もいるかもしれませんが、私はそれ以上やる気にはなれませんでした。

ちなみにそのゲームは、この爆死の半年後くらいにサービス終了してしまいました。

今思えば、2万で済んでよかったと思います。

こんな記事書いて、ソシャゲを潰したいの?

ソシャゲを支えている人は、

  • 出るまで回せば100%
  • 3000円払えば無料で10連回せる
  • これまで課金した額で車が買えるが、車は歌わないし踊らない
  • ダイヤもルビーも何にも買ってはやれんけど、ソシャゲ内でなら試行が止まっているから余裕で買うよ 18000個で980000円

などの明言を連発する石油王のような人たちです。

そういう人はこのテの記事は読もうともしませんし、仮に読んだとしても「うるせーーー!!!」と言いながら元気に爆死することでしょう。

彼らのおかげでサービスが存続しているようなものです。


ということで、今回はソシャゲのガチャの恐ろしさを解説してきました。

ソシャゲは「札束で殴り合うゲーム」と言われている通り、極めようとすると多額の資金が必要になります。

自分のお財布と相談しつつ、無理のないソシャゲライフを送りましょう!

読者の皆様に、良い「引き」が訪れますように――。

欲しいアイテムを引き当てた人のイラスト

それではまた!